春の月 夏の夜
QALI〜日々と写真と時々うた

スポンサーサイト                 

一定期間更新がないため広告を表示しています

: - : - : - : posted by スポンサードリンク :
今                 





期待も後悔もない


今と


期待と後悔の狭間に埋もれてる




どちらにも光は差して




 

: スナップ+ : - : trackbacks(0) : posted by zen :
暑中見舞い                 



他の花もかなりの数のカエルが花一つに一匹ずつひなたぼっこしてました。

かわいい♪


月末まで留守しますのでしばらく更新なくなります。
コメントも受けつけしないよう設定していきますのでよろしく〜。

今朝は、大きな地震がありましたね。
台風も来てますし、暑さも厳しくなりますね。
どうぞみなさんご自愛ください♪

: スナップ+ : - : trackbacks(0) : posted by zen :
部分日食                 


長野県駒ヶ根より 11時の日食
: スナップ+ : - : trackbacks(0) : posted by zen :
季節から季節                 




大きな風に

いろんな雲が行き交う空


眩しくて目を細めた



: スナップ+ : - : trackbacks(0) : posted by zen :
虹                 



高速バスの窓から
大きな虹が見えた


大きすぎておさまらない


伊那谷の端から端までかかるような大きな虹だった




◇◇◇

「ふく福サロン」関係者・参加者のみなさん
本当にありがとうございました♪
おかげ様で大盛況に終わりました。

: スナップ+ : - : trackbacks(0) : posted by zen :
孵る                 


新しい世界へ
: スナップ+ : - : trackbacks(0) : posted by zen :
うた                 


先週は、3日名古屋へ泊まりました。
通りすがり。
: スナップ+ : - : trackbacks(0) : posted by zen :
ライン                 



青と赤と黄と白



: スナップ+ : - : trackbacks(0) : posted by zen :
やけに                 



人のやさしさが沁みる一日


その理由をぼんやりと考える



: スナップ+ : - : trackbacks(0) : posted by zen :
暮色の                 







手を伸ばすと
僕の指先は、暮色に染まっていた。




「ビール飲む?」




失っていく色とそれを追いかけるように点いていく色の中
缶ビールを持つ彼女の長く細い白い指が浮き上がって見えた。





「あ。うん。ひとくち。」



喉を通っていくビールの感触があまりに心地よくて
一口と言いながら
ゴクゴクと飲む僕に彼女は



「あー!!!ひとくちって言ったじゃーん!!」と笑った。





景色になっていく君の手を繋いで

僕の記憶も景色になっていく。




: スナップ+ : - : trackbacks(0) : posted by zen :
: 1/4 : >>